トランポ専門店 オグショー愛知ブログ

トランポ架装から電装カスタマイズまであなたのトランポライフをサポート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FFヒーター使用時の注意点について

IMG_1627_R400.jpg
冬場の車中泊に重宝するFFヒーターの注意点をいくつかお知らせします。

1)
ディーゼル車の場合、気温によって燃料が凍結する場合がありますので、
気温が低い地域で使用する場合は、その地域で車両燃料タンクの半分以上を現地燃料で
満たすように心掛けるといいでしょう。
というのも、寒い地域の軽油は暖かい地域で販売されている軽油(JIS1号)と違い、
凍結しにくい2号や3号といったタイプを冬場は販売していますからね。
(ガソリン車は成分的に凍ることが極めて無いに等しいので問題ないかと思います)

2)
FFヒーターの燃料は、専用のパイプを燃料タンクに取付しており、タンクから直に吸い上げて
FFヒーター本体へ送っています。
この燃料パイプは、燃料タンク内の途中まで挿入されていますので、燃料タンク内の液量が
半分以下の場合では傾斜地に駐車した時など、吸い上げ出来ない可能性も出てきますので、
使用する前に燃料残量をご確認のうえ、ご使用下さい。
なお、燃料パイプをタンクの底まで伸ばさない理由として、FFヒーターの使用により
燃料が空になり、エンジン始動できないという事にならない為の対策となります。

3)
FFヒーターはシーズンオフ(暖かい気候時期)の時でも、1ヶ月に1度程度30分くらい動作させることで、
燃料配管内部の燃料劣化を防ぐ効果があります。

4)
FFヒーターは使用頻度によって、内部にカーボンが蓄積するケースがあります。
この場合は、オーバーホールする事で快適にご使用いただけるようになります。
(オーバーホール時は、本体を取り外しお預かりとなります)


これでバッチシ!快適車中泊を楽しんでくださいヽ(^o^)丿
スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 19:36:53|
  2. 電装系

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。