トランポ専門店 オグショー愛知ブログ

トランポ架装から電装カスタマイズまであなたのトランポライフをサポート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FFヒーター装着例

IMG_2663_R400.jpg

FFヒーター装着について

当社でのFFヒーターの装着場所にはこだわりがあります。

スーパーGL系ですと基本的に運転席スライドドアステップ部(パワースライド無し車の場合)に取付しますが、
ご覧のように昇降部分を大幅に占有してしまいます。
これじゃ使い勝手が悪いからもっと後の方に付けるとかできないの?
と思いの方もいらっしゃるかとは思いますが、
実はコレ、暖房を効率よく効かせるばかりか、ゆくゆくのオーバーホール時の脱着や、
取付による不具合を極力発生させないというメリットのもと決めた位置となります。

先日も、「他店購入した車(中古車)についているFFヒーターが使用中にすぐ止まってしまう」というお問い合わせを頂き、
写真を見せてもらったところ、奥まった部分に本体が設置されていて、
吸入量の不足、もしくは排出した暖気をそのまま吸入した事による温度センサーの誤認識で
暖房を止めてしまった可能性があるということをお伝えしました。

そのような事もあり、当社では暖房を快適に使用できて、かつ不具合の発生率を
極力抑える意味で設置位置を決めています。
スペースをとってしまうデメリットもありますが、不具合が発生しない安心感も重要だと考えています。
また、本体位置からサブバッテリーまでの距離が遠い場合、配線の延長なども動作に影響する為、
配線の種類にも気を配り施工しております。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 10:15:29|
  2. 電装系

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。